Page: 3/97  << >>
すし
 
 あえて変なものを買っているのだろうというのはそのとおりで、巻きずしにケチャップとマヨネーズがかかっている。自由だ。マグロとアボカドとキュウリ。海苔が内巻きなのはこちらでは普通で、海苔が口の中に貼りつくあの感じが駄目らしい。
 ケチャップとマヨネーズをかければそれは大概のものは食べられるので、そういう意味でわりとうまい。ただケチャップが辛いのは虚を衝かれた。
| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
前立て
 
 何かのステータスらしい、出窓前立て家。イタリア様式、なのか。
 この出窓をつい六角窓と言ってしまうのだが、実態は八角形の方が近い。部屋の面積を削ってでも出窓は作る、という意思を感じることが多い。ペットと出窓は人間らしく暮らす最低条件というフシがある。あと車。
 前立てをつくる理由をどうも思いつかない。
| enjoetoh | 23:59 | comments(1) | - | pookmark |
珈琲
 
 こちらの珈琲はやっぱりまずいと思うのだけど、日本の珈琲は物足りなく感じるらしいので、まあ味覚の違いである。
 最初の頃は飲むたびに気持ち悪くなっていたが、そろそろ慣れた。そういえば珈琲を飲めるようになったのは30代の半ばで、必要に迫られてというのは変わらない。
 こちらでも、ベトナム珈琲はおいしいと思う。
| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
時計
 
 先のDominic's 教会にて。
 釘とか冠とか十字架とか使徒とか色々背負っていたはずの時計草の実物をはじめて見た。そういえばパッション・フルーツもこっちにきてはじめて食べた。当然このパッションは受難の方で、受難花、受難果である。
 庭は基本、駄目である。適当すぎて。水をやらねば枯れるので、雑草はない、という環境も造園の気持ちを左右しているのかも知れないが、芝ならわりとちゃんとしている。
| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
ユニクロ
 
 2nd の Alexander Book Company へ行った帰り、38-Geary の乗り場を間違え、ケーブルカー転回点から Powell を北上する羽目に。ついでなので、10月頭にオープンしたユニクロをのぞく。オープン当初は人ごみでどうにもならなかったが、ようやく入れるようになっていた。
 ここで靴下と下着とポロシャツを買うことができれば、サンフランシスコに来るときの荷物を大幅に軽減することができることになる。軽減というか、普段着のまま来れる。
 帰りのバスに乗ったところで大雨。すぐに快晴に転じるも雨はそのまま。バスを降りる頃にようやく止み、街路樹から続けて落ちる水滴が陽光に光るが、やっぱり写真には写らない。
 夜になりまた嵐の気配。太平洋から実はそんなに離れていない。風もないのにこの迫力は、やっぱり海の何かの気がする。
| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
鳥争い
 
 アパートの部屋から見える何かの棒。旗竿なのか。いまひとつどこにあるのかよくわからない。
 午前中はこの頂点で、鳥たちがしきりに交代している。昼過ぎから人気がなくなる理由はよくわからない。陽射しのせいかと思っていたが、曇りの日でも午後は人気がないようだ。
 こちらにきてからはじめての雨らしい雨。
| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
信号
 
 信号はカウントダウン式である。
 これが結構気ぜわしい。信号が変わってすぐに渡りはじめても残りは五秒程度しかない。
 もっとも、こうしてせかされるのもある程度街なかの話に限られ、ちょっと道をはずれるともう信号はなく、通行人が自由に渡り放題である(斜めに渡ったりすれば流石に轢かれるだろうと思う)。
 どうも、ぼんやりと待ってしまって、ああ信号ないのか、とようやく気づくことが多い。
| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
曇り
 
 こちらに来てからはじめての、ちょっと傘がいるくらいの霧。きりさめというか、きりあめ、とでも呼びたい。当然、まわりを歩く誰も傘なんかさしてはいないが、濡れるものは濡れる。
 遠出するのも億劫になり、近所の St. Dominic's Catholic Church。斜めに走る飛梁がきれい。

| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
青ダイヤ
 
 こっそりと主食の位置に近づきつつある、Blue Diamond。別に他の銘柄でも、アーモンドじゃなくピーナッツでも良いのだが、ついこれを買ってしまう。
 九月の頭に、シカゴからサンフランシスコ近郊までの大陸横断鉄道に乗ってみたのだが、その間結構これを食べていたせいで、変に癖になってしまった。食堂車と売店についてのドタバタはいずれまた何かの機会に。
 わさび醤油味はおすすめしない。
| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
空行き
 
 Church-16thから南を望む。
 街には、空に続く道が多くある。Drumm-California あたりから California を見上げるのも良い。
 なにかこう、変に可笑しくなってきて声を出してしまうのだが、まわりの人はふつうに歩いているから、それほど面白くもないらしい。
 あの向こうにはきっと何もない。
 向こうから見るときっと、こちら側には何もない。
| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode