Entry: main  << >>
 
 近所のマケドニア・バプティスト教会にて。
 街中にとにかく鉄柵をよくみかけるが、ほとんどにこの渦式の装飾がある。こうした模様を眺めていると、クラスのことを考える。ここで言うクラスとは何かというと、「決められた操作だけを用いて作られた模様の集合」くらいの意味で使っている。
 鉄柵に渦巻模様が多いのは、やっぱり鉄の板を加工するのに、渦にするのが見栄えが良くてやりやすいからだろうと思う。意匠を決めてから作業の方を考えるのではなく、操作が限定されることにより意匠が決まることもある。
 とても当たり前の話なのだが、何故か通じることは少なく感じる。この文章の形だって、カナ漢字変換他もろもろによって決まっているのに。
| enjoetoh | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode