Entry: main  << >>
第三編 第二章 末尾
"吾人の眼を以てすればこの文中非難として挙げたるものの多くは殆ど非難たるの価なきものなれど、この寄書家にとりては真面目にかく感じたるものなること疑ひなし、即ち吾人が文芸上の真なりとして許容するところのものを彼は真ならずとして斥けしなり。後年世の趣味一変して公衆の大部が挙げて皆この種の意向を有するに至らば、今の世の文芸上の真は全くその趣を改め沙翁は永く世に忘らるるに至るべきか"
| enjoetoh | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode